book report 1

創薬 20の事例に見るその科学と研究開発戦略

b0188590_0591926.jpg

Author: 山崎 恒義 , 堀江 透
Publisher: 丸善
Page: 384
Language: 日本語
Price:(2008-Nov) ¥6800+TAX
Relese date: 2008/11/29
ISBN-10: 4621080555
ISBN-13: 978-4621080559






内容紹介&感想

創薬に興味を持つ人、創薬を志す人、医療現場で医薬に携わる人々に、創薬に親しみを感じ、創薬の面白さに共感していただき、創薬サイエンスの真髄を理解し、創薬のロマンを感じていただくことを意図してている。  と記載もありますが・・。
読んでみて、 ふ〜ん・・そうかぁ〜!そうだよなぁ〜〜・・。と呟いていたり・・w
keywordは薬理学、動態、有機化合物、合成、SARなどが多様であり、薬物動態学者さん合成屋さんから見ても面白いです。

各論で紹介されている化合物の種類は多岐にわたり幅広く学べます。それで340ページほどなので各論は、各専門治療薬書みたいに詳しくはないですが、10ページ程で、歴史-背景、合成-SARや薬物動態などが解りやすく書かれております。
個人的に抗体医薬が好きなのですが、この項目があったから買っちゃったのかもしれませんw(覚えてない。)今後はバイオ医薬品が多数生まれてくると思うのでこの章は外せないでしょう。
また既存の合成医薬品、低分子リガンドも薬を学んでいく上では欠かすことのできない知識でもあります。
繰り返しになりますが、この書籍は現在使用されている・・または今後の展開もますます気になる!?ような・・薬が紹介されております。そしてそれぞれに歴史背景として分子生物学、生化学、生理学、有機合成や薬理学等の知識を要する説明があり(ここが一番面白いかも☆)ます。さらにその次に各分野の種々の薬が紹介されております。このような流れですので、マニアックなことは書かれておりません、なので説明できるようにしたり、流して読んで解らないところがない用にしたりするのも良いかもしれません。
 うん、創薬研究者になりたいかたにオススメ☆
因みに研修医に各論のイントロをザッと読んで貰ったら・・・大方頭に入ってるらしいです。有機化学の知識が必要な合成経路とかは解らないまでも、大方説明できるそうですので・・やはり修士程度でこの本はきっちり抑えておきたいです。

目次
総論
第一章 創薬研究からEBM
第二章 21世紀の創薬科学

各論
第三章 細菌感染症と薬
第四章 ウイルス感染症と薬
第五章 β受容体遮断薬
第六章 ヒスタミンH2-受容体拮抗薬
第七章 一酸化窒素と薬
第八章 レニン-アンジオテンシン-アルドステオン系に働く薬
第九章 高脂血症治療薬スタチン: プラバスタチンの場合
第十章 オピオイド
第十一章 統合失調症の薬物治療
第十二章 抗認知症薬
第十三章 片頭痛とその治療薬
第十四章 経口避妊薬
第十五章 タモキシフェンとラロキシフェン
第十六章 DNAを標的とするがんの薬
第十七章 チロシンキナーゼを標的とする抗がん薬
第十八章 造血因子
第十九章 シクロスポリンとタクロリムス
第二十章 抗体医薬
第二十一章 活性化ビタミンD3とビスフォスフォネート
第二十二章 薬物代謝研究からの創薬

なげ〜疲れちゃw
以上。
[PR]
# by momenchi | 2009-06-11 01:00 | books

Its raining today, so feel depressed.

研究室が忙しいので早速行進不可に陥る。

日記みたいな事は、pomeraで綴っているのですが、

PCにup loadする事すら困難。

まぁ、たまにまとめてupしようかなと・・・。
[PR]
# by momenchi | 2009-06-11 00:44 | today is

京都周遊!

午前の仕事が京都市内であったので大学院に戻らず家に帰宅。
そして、午後にから息抜きに京都を縦断してみようと思い高雄を目指してみた!!

高雄パークウェイのゲートに来て通行料金の高さに驚愕・・・☆
皆さん!高雄パークウェイは市内や保津峡の眺望はGOOD、軽いドライブ、散策には素敵ですが・・・如何せん高いw。
まぁ一時間以上は山中で過ごすことは可能ですが・・・。

それはさておき、景観は素敵です。しかしながら五月は空気が澄まず、景色を眺めるには空気の”質”を見極めお出かけしましょうw。

そして下山し、市内に戻り軽く散策し三条にたどり着きました。
三条スタバ名物”床”が出来ておりました。偶然空いていたので床にて飲み物を・・。
この”床”は人気があるらしく、店内で”床席”待ちが発生しておりました。なので、行っても座れるか判らないと思われます。三条スタバは常時人が多いので時間を見計らって行くことがおすすめ〜☆かもです。

因みにこの後三条烏丸スタバに移って軽く勉強して帰宅したので・・スタバをはしごしてしまいました☆。(管理人にとっては珍しくもないことですが・・・。)

高雄パークウェイより京都駅以北の景観
b0188590_22105297.jpg

市内が一望。霞んでるのがおしい☆


高雄パークウェイより保津峡を望む
b0188590_22111079.jpg

渓谷・・?は綺麗。


下山し、巽橋へ。
b0188590_22112772.jpg

THE KYOTO みたいな所。甘味処、料亭、おちゃやさん・・・多数。


鴨川へ・・。
b0188590_22113757.jpg

これまた THE KYOTO2 。鴨川・・昔はここらへんでも川の中で遊んでましたw
いまは四条、三条あたりでは・・・いないねw。

行き着く先はスタバ。(笑)
b0188590_22114935.jpg

風が良い心地でした☆



[PR]
# by momenchi | 2009-05-16 22:09

雑誌紹介1 Synthesis of thrombin inhibitor (The coagulation cascade)

SYNTHESISthrombin irreversible inhibitorの合成と評価というのが載っていました。 
実際、人間で薬理活性をみたという所までは到達してないお話だったような気がします。  
凝固を防いでくれるこれらの種類の薬剤は、現代の多くの疾患に適応できるものだと思います。一例として、抗凝固薬は血栓溶解剤として機能し、静脈血栓症、心筋梗塞、脳卒中、冠動脈バイパス術後処方薬などとして多用され続けている薬剤であります。いずれの疾患お聞きになったことがあるような重篤な疾患ばかりです。勿論この薬剤は根治治療薬でないので、根治に向けては患者自身のライフスタイルの改善や諸処の努力が必要かと思われますが・・・・。
というわけで抗凝固薬は頻用されているお薬です。つまり研究してる人も多い。
論文も多い、調べやすい・・などなど☆

私は合成や薬理活性、ターゲット部位などを読みたかったのでこの論文に目を通しましたが、自身は血液・・・病理や生理の専門ではないのです、この論文を手にした機会に色々と専門の医師に質問したり、NETで調べたり、論文読んだり、教科書読んだりと・・・色々勉強できました。



Design and Synthesis of a Candidate a-Human Thrombin Irreversible Inhibitor Containing a Hydrophobic Carborane Pharmacophore

Micheal F. Z. Page, Satish S. Jalisatgi, Andreas Maderna,
M. Fredrick Hawthorne

Department of Chemistry and Biochemistry, University of California, Los Angeles, 405 Hilgard Avenue, Los Angeles, CA 90095-1596
International Institute of Nano and Molecular Medicine, Unversity of Missouri, Columbia, MO 65211, USA

SYNTHESIS Journal of Synthetic Organic Chemistry 2008 No. 4 February II page555


b0188590_17102871.jpg

[PR]
# by momenchi | 2008-10-03 23:59 | Journal

ふらふらと・・・


by momenchi

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
CHEMISTRY
PHARMA
MEDICAL
today is
Science news
Journal
books
A complaint
recent event
restaurant (cafe)
an animal
others
ODEKAKE
chemical experiment
mac
poli
F1
Shoes!
お気に入りのアイテム
東日本大震災
DSLR
Over Sea
いし
三ノ宮界隈
京都市内
ラーメン
お酒
京阪神 風景写真
FCR1
京都・兵庫・大阪
フィルムカメラ
トラウザーズ&パンツ全般
記事リスト
イヤホン・ヘッドホン
ドレスシャツ dress shirts
美味しいお持ち帰り品
神戸市
DRINK / Wine・・
COFFEE 
Cafe
未分類

以前の記事

2016年 04月
2013年 12月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2008年 10月

外部リンク

最新の記事

再開
at 2016-04-27 12:00
m_m
at 2013-12-30 19:58
特になし
at 2013-09-09 18:00
New Watch!! Ne..
at 2013-07-20 16:00
ホテル選び ハワイ1
at 2013-05-10 12:00

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧