カテゴリ:books( 14 )

岳 コミックの表紙



単行本全18巻で完結

そういえば17巻18巻は並べると繋がるんですね♪

b0188590_938511.jpg

[PR]
by momenchi | 2012-09-03 15:00 | books

Book preview??

The Way of Synthesis: Evolution of Design and Methods for Natural Products [ハードカバー]
b0188590_1253195.jpg


page: 1032ページ
出版社: Wiley-VCH; 1版 (2007/9/25)
language: 英語,
ISBN-10: 3527320776
ISBN-13: 978-3527320776
data: 2007/9/25
price(2012/Feb): 14000円程度



とうとう買ってしまいました、レビューも少ない、内容も見れない等の理由で購入に至るのに1年半を要しました。
届いたのでさらりと見てみると、 なかなかのボリュームです。
久しぶりにしっかり読もうと思ったテキストですので、 ちょこちょこノートにまとめていこうかと思います。

表紙のデザインがいいですね。 化学の世界は宇宙の広さ並みに奥が深いですし・・・。
まぁ気楽に読んでいきます。
分厚さはiPhone以上?(笑)Cellより指一本分更に分厚い、、、March's Advanced Organic Chemistryよりちょい薄いくらいかな??


[PR]
by momenchi | 2012-02-25 17:03 | books

別室の本棚も入れ替え。

b0188590_15411622.jpg

寝室にある書棚も本の入れ替え!これらの書籍は最近でもよく目を通す物です。
有合協会の新誌も購入しました。これからしっかり目を通していきます。
できればワンサイズダウンして&電子版出してください、有合協会さん☆

*実感する化学は良い一般化学の教科書だと思う。放射性物質についても詳しく解りやすく記述されていますし良いと思います。
[PR]
by momenchi | 2011-11-13 15:52 | books

書斎本棚の一部

b0188590_2425625.jpg

有機の書籍はやはり多くて学校に置いている分含めるとこのBOX4〜5個分はありそうだ。(雑誌除)

この棚でお世話になっている書籍は、、、
ASC Division of organic Chem.から送られてくる 小冊子。左から六番目の小豆色の書籍!
次いで、マーチとArto ofかな。


b0188590_2435174.jpg

会報誌ですね

b0188590_2434195.jpg

学部一年生、二年生でよく使った書籍。納得する、ゼロから学ぶシリーズ。
久保亮五は 所有書籍の中で最も難解だった気がする。

b0188590_2432873.jpg

知りたいサイエンスもお気に入りだったなぁー。

b0188590_2431873.jpg

b0188590_243971.jpg

ニコラウ氏のこの書籍は有機化学書籍の中でもお気に入りの一つ!!
ゲノム& MB Geneも良書、Lodishもかなり読み込んだなぁ・・。
(懐かしい)

b0188590_2482790.jpg

B2、B3から読み出した創薬系テキスト。
右の4冊は数年前に買った比較的新しい書籍、ノーベル賞シリーズ!
(面白くもあり読みやすい!)

b0188590_2453721.jpg


b0188590_2451717.jpg


ブルーバックスは100冊近く無駄に持っている、、全読していないのが3割以上ある。
(そもそも全部読むために買ったわけじゃないし 、他の書籍もそうだ)
但し、これは幅広く知識を付けようとするとき、入門書になる良い書籍だと思う。



このBOXは50個程ありますが殆ど埋まってしましい今後の収納先に苦慮しております。
今回は1/3も整理終わらなかったので また年末に・・・笑。
[PR]
by momenchi | 2011-11-13 03:22 | books

標準生理学 

標準生理学 第7版版
基礎を押さえる名著、、だろうw
なんと 1124ページもある。有機化学や物理化学のテキストもたいがいだけど、この書籍もかなりの強敵。1100ページというのは、

b0188590_7184884.jpg


1000ページ超えるとなるとちょっとばかりやっかいです。
50ページ読んでも20日もかかるんで、、、
ひぃぃぃ、、。

以前、ブルーカラーの版を使ってましたが今は白ラベルって感じです。
標準シリーズは、いくつも白ラベルになりましたが、未だ標準薬理学はブルーのままで随分改訂もされていません。
標準薬理学は名著というか、、一読はしといて良いと思う書籍なんですが、、。
理由は幾つかありますが、個人的に思うのが、構造式と化学的な話が記述されているところです。
薬理学は本来化学がベースですが、最近の多くの著書は化学の話はおろか構造式すら記述されていません。
これでは根本的に理解できません。
薬の作用を化学抜きで語るのは不可能ですので、、。

おっと標準薬理学の話じゃなかった、、、、
[PR]
by momenchi | 2011-06-01 07:40 | books

書籍 美女と竹林

b0188590_0254732.jpg

森見氏の作品で最初に読んだんのがこの書籍です。
初めて読んだ作品が、妄想エッセイというか、自身を中心にしたストリー展開(笑)

桂と四条とそこいらの話。桂のエリアを頭で回想してしまう。
描写が適格だと思うので実在の場所かと、、、、
国道沿いのステーキ屋?
旧街道の、、、?んん、、どこだろう!!

さて、話中頃に出てくる たけのこ掘り について。
たけのこ掘りは昔よくやっていたので、大変さはよくわかる。
しかも、うまく掘る事がたいへん難しい事も存じている。
無闇矢鱈に薮の中を歩いてしまうと、タケノコの場所が分からなくなるし、掘り当てる事は結構難しい。


このメンバー達の奮闘ぶりもそこそこにうまく描けていて、経験者としては面白かった。
終止 目標が定まらない様な主人公に周囲がいやがる事も無く歩調を合わせて話が進む。
展開は早く面白いと思います。

[PR]
by momenchi | 2011-03-11 03:13 | books

書籍 森見 登美彦

b0188590_401528.jpg

相変わらずリンク具合が良い!
[PR]
by momenchi | 2011-03-07 04:01 | books

書籍

素敵な書籍。

b0188590_561656.jpg


b0188590_564491.jpg


b0188590_565699.jpg


b0188590_572239.jpg


b0188590_573736.jpg


b0188590_574772.jpg


b0188590_57584.jpg


b0188590_591223.jpg

[PR]
by momenchi | 2011-03-03 05:12 | books

書籍 有機化学の書籍紹介

タイトル:
有機合成の落とし穴 -失敗例から学ぶ成功への近道
Florencio Zaragoza Dorwald (著), 斎藤 慎一 (翻訳), 齊藤 隆夫 (翻訳)
単行本(ソフトカバー): 416ページ
出版社: 丸善 (2009/1/23)
ISBN-10: 4621080660
ISBN-13: 978-4621080665
発売日: 2009/1/23
内容:
1 有機合成:概論
2 立体電子効果と反応性
3 有機化合物の安定性
4 脂肪族求核置換反応
5 カルボアニオンのアルキル化
6 ヘテロ原子のアルキル化
7 ヘテロ原子のアシル化
8 パラジウム触媒C-C結合生成
9 環化反応
10 対称型二官能性基質の単機能化


原書はWILEY-VCHから2005年1月に出版されているのですが、今回この書籍、は5年越しの邦訳版出版になりました。私はいずれ英版で買おうと思っていたのですが、買うまでに邦訳が出てしまったので発売日に買ってしまいました・・・これで英版を買うことは無くなったかな・・・笑。

ジュンク堂で買って直ぐに隣のスタバで読み始めました。でもって、眺めていたら・・・変わった気持ちになりました。
というのは・・・この本は、有機化学始めたばかりの人間には多分きついです。
有機化学初心者=化学初心者だと思うのでかなり無理があると思うのです。

そんなころの自分を思い出して、この本を ”ふーん・・” だの ”あぁ〜そうか!” などと思いながら眺めてる自分がいることを対比していたら、少し懐かしくもあり、成長したのか、ただ時間が経ったのか・・・。


内容としては人名反応を一通りやっていたら大丈夫じゃないかと思いますので、四年生でも大丈夫。・・・ですが学部生にはやることもありますんで、院生になってからでも良いと思います。ただ有機化学で人生過ごされる方は読んでみてもイイと思います。

最後になりましたが原書のタイトルは邦訳本の表紙を飾っている通り・・・・      Side Reactions in Organic Synthesis :A Guide to Successful Synthesis Design

です!!是非一度、邦訳版でも良いので立ち読みして購入の検討を!!
ニューヨークのバーンズに行けば、英版も有りましたが・・・。
日本で英版おいてる本屋は・・・何件あるのやら・・。
[PR]
by momenchi | 2011-02-08 17:02 | books

読み応えのある雑誌。

FACTA
月刊誌
ファクタ出版
1000円

『Monthly ミクス』
月刊
エルゼビア・ジャパン株式会社
4500円

日経Automotive Technology
隔月
日経BP
2400円

この3冊は最近読んでいる雑誌である。すべて専門誌である為、少し高いが読み応えはある。
普通におもしろいと思う。全部定期購読雑誌であるために、基本的にあまり店頭売りしていない。
FACTAは、ビジネス関連情報を中心に、国内外の政治、経済、社会、文化など多方面の分野を記事に。オアゾの丸善には全ておいている。

『Monthly ミクス』
これは医療系雑誌である。いろいろデータが参考になる。
現場の状況、最新の薬、治療法も網羅。

日経Automotive Technology
文字通り車の最先端の技術紹介。
[PR]
by momenchi | 2011-01-18 02:49 | books

ふらふらと・・・


by momenchi

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
CHEMISTRY
PHARMA
MEDICAL
today is
Science news
Journal
books
A complaint
recent event
restaurant (cafe)
an animal
others
ODEKAKE
chemical experiment
mac
poli
F1
Shoes!
お気に入りのアイテム
東日本大震災
DSLR
Over Sea
いし
三ノ宮界隈
京都市内
ラーメン
お酒
京阪神 風景写真
FCR1
京都・兵庫・大阪
フィルムカメラ
トラウザーズ&パンツ全般
記事リスト
イヤホン・ヘッドホン
ドレスシャツ dress shirts
美味しいお持ち帰り品
神戸市
DRINK / Wine・・
COFFEE 
Cafe
未分類

以前の記事

2016年 04月
2013年 12月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2008年 10月

外部リンク

最新の記事

再開
at 2016-04-27 12:00
m_m
at 2013-12-30 19:58
特になし
at 2013-09-09 18:00
New Watch!! Ne..
at 2013-07-20 16:00
ホテル選び ハワイ1
at 2013-05-10 12:00

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧